L.mickbergensis Dtr.

リ.ミクベルゲンシス  美薫玉(びくんぎょく)

 肉色肌の腰高球。頂部は美しき桃褐色にて微かに淡紫色の模様を浮かす。性強く20頭位迄群生する。白花秋咲

 L.Olivaceae  L.Bol.

リ.オリウアケアエ  オリーブ玉

 オリーブ色丸形の小型種で鮮麗。頂面に暗緑色の窓型に白色の点又は短線散在する。球径2cm迄。形よく群生し50余頭に及ぶものあり,黄金色花晩秋咲

 L.Opalina  Dtr.

リ.オパリナ  白薫玉(はくくんぎょく)

真珠色の扁平大型種で球径3.5cm,頂面に極めて淡き暗緑又は暗褐色の模様あり,時には殆ど見えぬ場合もある。群生は20頭位まで,白花秋咲種

オ リ ー ブ 玉

白  薫  玉

 L.Peersii L.Bol.

リ.ピールシー  麗春玉(れいしゅんぎよく)

 丈低き褐色肌の中形種で頂部赤褐色。繭型の頂面は全面小紋模様で覆われている。群生30頭に及ぶ強健種。花は黄金色で秋咲

 L.pseudotruncatella(Bgr.) N.E.Br.

リ.プセウドトゥルンカテルラ  曲玉(まがたま)

 扁平丸形の大型種で,成球は4.5cmに達す,肌色乳白色で頂面に褐色の繊細な唐草模様を現している。吾国に最も早く導入されたもので頗る強健。本種は夏型種の代表種で夏を中心に生長し,冬期は休眠する。花は6〜7月に鮮黄色大輪花を咲かす。群生は10頭位まで

 L.Pseudotruncatellaver.mundtii(Tisch.)  Tisch.

リ.プセウドトゥルンカテルラ ウアリエタスムンティ  紅玉(べにたま)

曲玉の変種で,体色は,より紅色のもの,形態,模様等殆ど同じ 夏型種

 

 L.pseudotruncatellavar,var. pulmonumcla Dtr,

リ.プセウドトゥルンカテルラ ウアリエタス パルモヌンクラ 福音玉(ふくいんぎょく)

曲玉の変種で体色は褐色,頂面の模様は赤褐色の分岐した線模様。特に大型となる夏型種

 

 L.elisabethae  Dtr.

リ.エリザベタエ  瑪瑙玉(めのうぎょく)

曲玉近縁種で,頂面は銅赤色,暗灰緑色の点及び赤色の不連続細線模様あり,金黄色花,夏型種

曲   玉

紅   玉


inserted by FC2 system