C.notatum N.E.Br.

 コ.ノタツム 初音(はつね)

白緑色の丸型小形種にて肌に黒緑色の小紋あり,分球よく群生は200頭に及ぶ強健種,花は帯黄白色の夜開種

 C.occultum  L.Bol.

 コ.オクルツム 王宮殿(おおきゅうでん)

紫緑色肌にて高さ1cm幅5mmの小型種で,クラ型に近き変丸型種,頭部に赤紫褐色の点線模様あり,分球特によく大群生株となる。

 C.scitulum(N.E.Br.) N.E.Br.

 コ.スキツルム 清姫(きよひめ)

白緑色肌の丸型種で,頂面に極めて鮮明な紫緑褐色の太線走りて美しき模様を描く,分球よく群生は100頭を越える,花は白色夜開

清姫

中納言

 

 C.pictum(N.E.Br.)  N.E.Br.

 コ.ピクツム  中納言(ちゅうなごん)

小形の丸型種で,頂面に紫褐色の点及線模様ありて様々の表情を見せる面白きもの,分球よく群生は200頭にも及ぶ,帯黄白色花夜開種

 C.leviculm(N.E.Br.)  N.E.Br.

 コ.レウィクルム 椿姫(つばきひめ)

若緑色,稍腰高の丸型小形種で頂面に紫褐色の点及線模様を繊細に現す。分球よく5〜60頭まで群生する。花はクリーム色で夜開

 C.pauxillum(N.E.Br.)  N.E.Br.

 コ.パウキシルム  大納言(だいなごん)

丈低く頂面稍中凹みの丸種で,球の横面は赤紫色,頂面は白緑色で鮮明なる濃紫緑色の点及線模様を現している。白花夜開,群生は5−60頭位まで,導入の歴史は古い。

椿  姫

紫  式  部


inserted by FC2 system